quarkの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球から40光年の恒星系 TRAPPIST-1に地球と似た7つの惑星見つかる

<<   作成日時 : 2017/03/02 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットのニュースをチェックしていたら面白い記事を見つけた(この話はTVニュースでもやっていた)。それは
「NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性」
という記事だ。

米航空宇宙局(NASA)は、ベルギーのリエージュ大学(University of Liège)との共同研究で、太陽系外に地球によく似た惑星を7個発見したと発表した。その場所とは、水瓶座の方向に地球から約40光年離れた「トラピスト1(TRAPPIST-1)」と呼ばれる恒星系だ。この恒星の周りを回っている、大きさが地球の0.76〜1.76倍の惑星が7個も見つかったのだ。観測はヨーロッパ南天天文台(European Southern Observatory;ESO)の超大型望遠鏡(Very Large Telescope;VLT)とNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)で行われたもので、主星のトラピスト1は超低温の赤色矮星とみられる非常に暗い星で、大きさは木星より少し大きい位で、質量は太陽の8%ほどしかないという。

画像

[TRAPPIST-1系のイメージ。Credits: NASA/JPL-Caltech]

研究チームは、望遠鏡で惑星が恒星トラピスト1を横切った時、トラピスト1からの光が減光する様子を詳細に観測して、7個の惑星が恒星の周りを回っているのを見つけ、惑星の大きさや軌道の大きさを見積もったのだ。7個の惑星は内側から「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、惑星の密度の測定結果からは、そのうち6個は岩石からできているようだが(最も遠いhは氷の惑星とみられている)、恒星からの距離は非常に近く、太陽から水星までの距離よりはるかに短いという。そのうちより内側にあるb、c、dは恒星に近すぎて水が液体として存在するには温度が高すぎるようだが、恒星は暗くて温度の低いため、恒星から近い距離にもあるにもかかわらず、より外側にあるe、f、gはハビタブルゾーン(habitable zone; 生命居住可能領域)にあることがわかったという。つまり、この3つの惑星には水が液体で存在する(海がある)可能性があるということだ。

ところで、ハビタブルゾーンに惑星が存在し、液体の海が存在する可能性があるということは、大方の人が次に期待するのが「生命が存在するのか?」ということだろう。しかし、現時点ではその点についてはわからない。現段階では「液体の海があるかも…」といっているだけだからだ。大気の組成など、まだまだ調べなければならないことが多い。今後、ハッブル宇宙望遠鏡や、新しく設置される予定の欧州超大型望遠鏡やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope)での観測も予定されているようで、これらの観測に期待しよう。

ネット上では、「生命が存在する可能性があるかもという話はもういい」「生命がいたという話をしてほしい」というようなコメントがあるようだが、そういう気持ちもわからないではないけど、それが確認できるようになるのはまだまだ時間がかかる話だ。今回の話は望遠鏡で太陽系外の恒星系を観測した結果なので、「地球によく似た惑星に液体の海があるかも」という話にしかならないのは当然のことだ。人類のように高等な文明を持つまでに進化した異星人がいるかどうかは、仮にいたとして、それを確認するすべは次の3つ位だと思う。
⑴ 彼らが発した電波信号を受信する(ジョディー・フォスターが主演した映画『コンタクト』(1997年)のように)。
⑵ こちらから送った電波信号を相手が受け取って返事が返ってくるのを待つ(往復80年かかるし、返事が帰ってくる保証はないけど)。
⑶ この惑星まで出かけていく(ものすごく時間がかかるが…)。でも彼らが「どんなやつらか」は、会ってみないとわからない。
異星人がいるかどうかはさておき、生命が存在する可能性については、まずはその惑星を詳細に観測して、生命の存在に必要不可欠な三要素とされる、液体の水、有機物、熱エネルギーが全て存在するという証拠を地道に見つけていくしかないと思うのだ。

YouTubeにNASAのビデオが公開されていた。



関連記事、サイトはこちら。
日経電子版の記事:
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG22H1W_S7A220C1EA1000/
AFPBB Newsの記事:
http://www.afpbb.com/articles/-/3118936
NASAのプレスリリース:
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-telescope-reveals-largest-batch-of-earth-size-habitable-zone-planets-around
ESOの関連サイト:
http://www.eso.org/public/news/eso1706/
ベルギー・リエージュ大学の関連サイト:
http://thema.ulg.ac.be/spatial/en/trappist-1-2/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地球から40光年の恒星系 TRAPPIST-1に地球と似た7つの惑星見つかる quarkの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる