Quark Kenzo の つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「パロディ、二重の声」 at 東京ステーションギャラリー

<<   作成日時 : 2017/03/20 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連休中、天気も良かったので、都心まで出かけることにした。久しぶりに美術館に行こうと思っていたのだ。今回はどこにしようかと考えたが、前々から東京駅に行く度に気にはなっていた東京ステーションギャラリーに行ってみることにした。ここでは今、「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」という企画展をやっている。

画像リーフレット(表)


僕自身は「パロディ」がどういうものか一応理解しているつもりだけど、詳しい解説まではできない。ウィキペディアによれば、「現代の慣用においては他の芸術作品を揶揄や風刺、批判する目的を持って模倣した作品、あるいはその手法のことを指す」ということだ。さらに、ギャラリーの公式サイトによると、日本では「1960年代中頃から日本のアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的に流行した。ありとあらゆる文化がパロディに染まったこの現象は、モダンとポストモダンの隙間に開花した徒花(あだばな)であったのか?日本語として定着し、それでいてなお不明瞭なこのパロディという技術または形式を、当時の視覚文化を通じて振り返る」とある。

チケットを買ってまずはエレベーターで3階へ。展示室に入ると、いきなり「モナリザ」のパロディが並んでいる。ボッティチェリやミレー、フェルメール、ゴッホなどの有名な画家の作風をまねた「モナリザ」から、ヒラリー・クリントンやナンシー・レーガン、ジャネット・イエレン、アンゲラ・メルケル、アウン・サン・スー・チー、エリザベス二世などを「モナリザ」にして描いたものなど(山縣旭(レオ・ヤマガタ)の作品、2016年)。

他に、赤瀬川原平や横尾忠則などの有名アーティストから知られざる作家まで、絵画やマンガ、グラフィックによるパロディ作品が並んでいる。また、長谷邦夫のパロディマンガの原画や、雑誌『ビックリハウス』、さらには、伊丹十三の映像作品、マッド・アマノの作品(写真家・白川義員の雪山を滑るスキーヤーの写真に、スキーヤーの背後に迫るタイヤをつけた『SOS』)に対する著作権侵害裁判の記録など、日本でパロディが花開いた1970年代の作品や資料を中心に展示されている。

3階から下に降りるとき、八角形の螺旋階段を降りるのだが、階段の壁は創建当時のレンガでできていて、東京駅の歴史を垣間見ることができる。八角形の階段の中心は吹き抜けになっていて、天井にはシャンデリアが吊り下げられている。

階段のレンガの壁(1)
画像

階段のレンガの壁(2)
画像

天井のシャンデリア
画像


また、2階の展示室からドームを見下ろせる回廊に出られるのだが、そこには東京駅創建当時の鉄製の手すりやブラケット、レリーフ、東京駅の模型などが展示されている。

ドームの2階の回廊から見下ろした光景
画像

ドームの2階の回廊から3階部分を見上げた光景
画像


ドームの3階回廊の支えとして使用されていた鉄製三角形のブラケット。鉄板の真ん中をくりぬいて、満月から新月へと月の満ち欠けが表されています。
鉄製ブラケット
画像

鉄製手すり
画像


下の3つの写真は南北ドームの装飾レリーフ。
装飾レリーフ(1) − 上側は菱の実、下側はエッグ&ダート
画像

装飾レリーフ(2) − ロゼット
画像

装飾レリーフ(3) − 干支の復原用石膏原型
画像


ひと通りギャラリーを見て回った後は、丸の内を少し散策してからビールを一杯。

おわり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「パロディ、二重の声」 at 東京ステーションギャラリー Quark Kenzo の つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる